フリーランスのメリット・デメリット5選 とても些細なこと編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

完全在宅のメリットとデメリット

語られることは多種多様にあり、職種やそもそもの生活環境、それ以前の習慣などにも左右されることと思います。

その為、あくまで「事務代行がメインの仕事」「元派遣社員」の私としてのそれらをまとめてみます。

まだ完全在宅になって4営業日なんですけども。

メリット① 通勤時間がない

かなり切実に悩みの種だった、通勤時間。往復3時間の時代が最もつらかったです。

睡眠時間も一息つく時間もそれなりに必要な人間の為、朝や帰宅後に余裕がないことがストレスにもなっていました。

今は、言ってみれば起きたら出勤してますから(?)、とても嬉しいです。

メリット② 化粧する必要がない

毎朝、人並には化粧をしていました。今は、洗顔とスキンケア程度で一日を過ごすことができます。

「お化粧が楽しい!」という方にはデメリットにも繋がってしまうかもしれませんが、私にとっては快適です。

その後肌の調子が良い…と言えるほどの変化はさすがに感じませんが…例え朝10分程度の顔面塗装だとしても、私にとってはメリットです。

メリット③ 対人関係に距離感ができる

人間関係には恵まれていると感じますが、完全リモートになったことにより、メールやチャットなどでのコミュニケーションがメインになりました。

それだけ丁寧に文字を打ち込むことを心掛けようと思いますし、一呼吸置いての会話をすることができます。

仕事においては迅速で正確な対応、を基本精神としておりますし、できるだけ相手に誤解と心配をかけないよう…と努めるものの、

対面ではないので、例えば真面目な文章を打ち込みながら背中を掻くこともできます。すみません。

他人様とは程よい距離感があった方が、自分としてはより落ち着いて仕事に集中できると思うので、よかったなと感じます。

メリット④ 音楽が聴ける

今まさに好きなアーティストの曲を聴いているのですが、地味に快適です。

今までも音楽が流れている現場はありましたが、好きに音楽を聴ける、ということもあまりありませんでしたから。(イヤホンでならOKの現場もありましたが)

鼻歌を歌ったりもできます。ご近所迷惑にならない程度に。

メリット⑤ 好きなお茶が淹れられる

今日はほうじ茶を淹れています。お茶がとても好きなのです。

フリードリンクやウォーターサーバー完備の現場も多くありましたが、さすがに急須で淹れたりたっぷり淹れたポットをデスクに置けはしませんでしたので…

(でも急須で淹れてる方がいらっしゃったことありました…)

お水やお湯を自由にいただける、という環境でも、一年を通して水分を摂ることが苦手で、仕事に集中すると一日一口も飲まない、ということも多々ありました。

ですが、今は自分のタイミングで自由に好きな飲み物を淹れられます。とても幸せです。

 

とても些細なことですが、挙げてみて、「あっこれ最高…」と感じております。そしてそれに付随する些細なデメリット、こちらもまとめてみたいと思います。

 

デメリット① 移動時間にできることがなくなった

通勤時間がそれにあたります。仕事以外のメール返信、SNSのチェック、読書、ソシャゲのクエスト周回など。

通勤時間=パソコンに触っていない時間なので、それ以外のことをする時間に充てていました。それがないため、業務の合間にその時間を作る必要があります。

いえ…ソシャゲの周回はいいんですけど…。素材が貯まらない…。

デメリット② 運動不足極まれり

出不精!!生来のインドア派、通勤や現場で歩き回る時間も貴重な運動でした。そもそもが足りていなかったものの。

友人にも心配されましたが、それで健康を損なう可能性も低くなく…。今、その対策をかなり検討中です。

まず第一歩として、往復15分ほどで行き来できるご近所の公園への朝散歩を導入しました。この時期は紅葉も美しく、目の保養にもなります。

しかし真面目にそれでも足りない…というか下手するとこの朝散歩で今までより歩いている…。(よいことです)習慣化するまでが勝負…

デメリット③ 猫背やばい

これは私の仕事環境が原因です。仕事用のデスクは2つあるのですが、そのうちの1つは思い切りこたつ机です。

今後座椅子を導入予定なのですが、元々猫背気味の為、姿勢の悪さが本当に…あれです…。こたつ机での仕事の方が向かっている時間が長いので、定期的に身体を動かしながら、頑張っていきたいと思います。

ただ、如何せんこたつ机。こたつです。

デメリット④ 声帯が衰える

何しろしゃべる相手がおりませんゆえ!通話とかも必要ないお仕事がメインの為!

そもそもそこまで口数が多い方ではないのですが、丸一日だんまり、ということもままあります。在宅では、その傾向がどうしても強くなってしまいます。

事務時代よりテストエンジニア時代の方がしゃべらなかったですが…地味ですが、割と重要です。気を付けないといけません…

ですが、鼻歌を歌ったり独り言を駆使するというのはさすがにあまり建設的ではないと思いますので、どうにかしたいなあと、思います。

デメリット⑤ 私生活との切り替えが曖昧になる

ここもかなり重要です。何しろ、仕事に集中している時以外、ふと気が付くと、そこは自室なので。

現在いただいているお仕事のおかげでもありますが、集中力をじっと持続させる必要はそこまでありません。

だからこそ、お仕事に割くべき時間、それ以外での過ごし方や活用については、オンオフをできるだけ意識したいなと。

年々集中力が低下している自覚はあります…。時間を有効に使い、かつメリハリをつけていけるよう、習慣なども検討したいですね。

そうでもしないとだらだらしてしまいかねない。おうち大好きなので。

 

こうして挙げてみると、本当に小さなことだなと思いつつ、それがいつ大きくなるかわからない、という感じです。特にデメリットは。

派遣時代より確実に融通の利く時間が増えたので、それを今後どう有効活用していくか…というのが目下のテーマです。

とりあえず、今は確定申告が怖いです…。勉強しないと…。

やってみたいことはたくさんあるので、その計画についても、ぼちぼち検討していきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。