テストエンジニアに必要な、一番大事なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

一番大事なこと

大きく出てしまいましたが、4年間のテストエンジニア生活を送って、

一番勉強になった現場で、上司から教えられたことです。私は、それが一番大事なことだと思っています。

 

「QAは、コストしか生まない」

QAとは、一言でいえばテストエンジニアのことだと言って差し支えないと私は思っているのですが、

Wikipediaでは以下のように記載されています。

品質保証(ひんしつほしょう、英: Quality assurance, QA)は、効率と品質が求められるあらゆる活動において、それらに保証を与えるのに必要な証拠を提供する活動一般を指す。 計画され体系化された活動は一般に、その製品やサービスが要求された品質を満足していることを保証する必要がある。

Wikipedia

当時私が所属していた現場では、自分たちのことをQAと呼んでいました。ここでは、QA=テストエンジニアとして書いています。

人によっては耳慣れないと思うので、あくまでテストエンジニア、と認識して書いていく所存ではありますが。

 

話がそれてしまいましたが、そう話してくださった上司は、自分たちの仕事について、こう認識すること、と説きました。

「QAは、コストしか生まない」。それは、どういうことなのか。

 

テストはコストしか生まない、けど省けない

テストって、言ってみればある程度省くことができる過程なんですよね。

開発→完成→公開 という工程の中で、「公開」の前に設けられているものです。

テストのないリリースはあり得ないとは思っていますが、簡単に済ませようとしたら、できてしまう、お仕事です。

 

私が事務メインの案件を探しているとき、私の経歴からご紹介いただいた案件の中には、

「リリース前に事務の片手間で簡単にテストしてほしい」とか、「ユーザーからの不具合のクレームを開発部署にあげる前に、簡単に見てほしい」とか、

そういうものもありました。あくまで、QAとしてではなく、他の業務の合間にやる、という温度感です。

個人的には、そういう案件を拝見したときは、とても悲しい気持ちになります。否定ができないから、悲しくなるといいますか。

 

 

とても重要な業務ではありますが、小さな企業や発展中の企業では、「テスト専門」の部署を作るのはひどく難しいです。

何故なら、テストは「(不具合を)未然に防ぐ・見つける」役割をもつため、テストをしたから利益があがる、と100%言えるわけではないからです。

力を蓄えている企業なら猶更、優先度はどうしても下がります。だから、「片手間での仕事」が生じる。

だから、”QAはコストしか生まない。”

 

「テストエンジニア専門」の人材派遣の企業もあります。海外では、テストエンジニアは高く評価される職業であり、

私がお世話になった現場に、「日本でのテストエンジニアの地位を向上させたい」と語る熱意ある上司もいらっしゃいました。

ただ、人件費のこともあり、テスト自動化の波が寄せる現在では、むしろそちらのほうが優先されるのでしょうか。

難しい話です。私は、黙ってそのお話を聴くことしかできませんでした。

それでも、テストをする人間は必要です。だって、いろんなことを抜きにしたって、使うのは、同じ人間ですから。

 

「だから、それでもテストをするんだ。コストをかけてでも。自分たちがコストを生んでいるということを、忘れちゃあいけない。」

「できるだけコストを下げて、きっちり不具合をなくす。それが、QAの役割だ」

 

上司は、とてもラフな方ではありましたが。今でも強く、その日のことを覚えています。

あ、一言一句覚えている訳ではないので、一部編集されています。非常に申し訳ないです。ですが、そういった趣旨だったと、思います。

 

だからテストが好きです

少しだけしか関わることができませんでしたが、少しだけしかお役に立てませんでしたが。

そういった「テストの世界」で、例えコストを生むとしてもきっちり不具合をなくし、胸を張ってユーザーやクライアントの元へ届ける。

それが、そんなお仕事に関われていたのだということが、私はとても誇らしかったのだと。今でも、思っています。

 

それと同時に、テストエンジニアって、開発(運営)とユーザーの間にいるんですよね。橋渡しみたいなものです。

加えて、開発の方々は、自分たちがつくったシステムに不具合がないことを強く望んでいます。

 

「大丈夫でした!」「不具合あったけど、直してくれたからもう大丈夫です!」

「リリースOKです!!」

 

開発の方々にとって、その太鼓判はとても必要なものなのだと、思っています。ユーザーだって同じです。

だからやっぱり、テストは必要です。

だからやっぱり、テストエンジニアは、大事なお仕事なのです。

 

色々えらそうな発言も多くて申し訳ないです。

ですが、これって今でも私の中に強く根付いているお話なので、避けては通れないなと思って、書かせていただきました。

ありがとうございました。

(…ただ、ユーザーの中には不具合(バグ)を楽しんでいる層もいたりするわけで、そういうときは苦笑いをするしかない感じだったりもします。笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。