エンジニアになる為の、第一歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

文系事務がエンジニアになるためには

と言いながら、資格が何もなかろうと、本当に事務しかやってなかろうと、環境さえあれば始められると、私は思います。

当時の私が持ち合わせていたものは、以下だけです。

  • 事務職の経験(約6年)
  • 趣味でやっていたHP作成の最低限の知識、経験

当時の私は、HTMLを独学のみで勉強し、なんとなくタグ打ちでHPが作れる程度のスキルだけがある状態でした。

それ以外は本当に何もありませんでした。英検5級でした。

ただ、そのスキルを活かす=Webデザイン方面を目指すのか?ということになりますが、私自身、それを強く望んではいませんでした。

そのあたりの背景はひとまず置いておきますが、

私がしたことは、「まったくの未経験でも入れるIT企業」を探すことでした。

人材派遣のIT企業にお世話になる

当時お世話になったのは、創立数年目のエンジニア派遣がメインのIT企業。

いくつかの転職サイトで探してはいましたが、その企業に出会えたのは@typeさんでした。

(その後、派遣社員として事務を仕切り直すことになった際も、@typeさん系列で無事に。お世話になっております。)

その企業は、創立したばかりだったこともあり、人材を広く募集されていました。

また、「未経験のエンジニアを育てる」というのも会社としての大きな軸でした。会社の方針と、当時の私はマッチしていたのです。

恐らく、事務職の経験も「社会人経験があるかないか」程度の判断基準だったと思います。あまり重要ではなかった。

そういうわけで、そんな私でも無事に、その企業にお世話になることができました。

 

話は少しそれますが、もし、

「とにかくエンジニアになりたい」「どんな仕事があるかわからないけど、やってみたい」

と考えている方がいらしたら、次のことはあらかじめ検討されることを、おすすめします。

 

自分がやりたいエンジニアは、「システム開発か」「ヘルプデスクか」「どちらでもないか、あるいはこれから考えたいか」

 

開発とは、文字通りシステムを構築する裏方の仕事です。プログラムの成り立ちや作り方を勉強し、実際に「作れる」ことが必要となります。

ヘルプデスクは、ITに明るくない方々の為に、IT方面の様々なサポートをする仕事です。自分自身が「強い」分野と、それに対する深い知識が必要となります。

(上記は一方向からの認識です、もっと様々なことが必要な重要なお仕事だと思います)

 

体感ではありますが、女性の場合はヘルプデスクを勧められる傾向が強いように思います。

私の場合は、事務職としてはあるまじきですが、電話が苦手な為、最初から希望しませんでした。

それもあって、所属したIT企業で紹介されたのは、「未経験でも受け入れている企業での、検証のお仕事」でした。

これが、私とテストのお仕事の、出会いでした。

 

もし、「開発」を望む場合は、所属する企業にもよると思うのですが、研修から始まることが多いのかなと思います。

全くの未経験で厳しいのは、知識以前に、とにかくプログラム言語が何を言ってるのかわからないということです。(テストもそうですが、それは別途)

開発をするとなると、そのあたりをまず基礎として学ばないと、現場で右往左往することとなり、ご迷惑にもなります。

そんなわけなので、未経験の事務職あがりながら、検証のお仕事にアサインいただけたというのは、幸運だったのだなとつくづく感じます。

加えて、「研修」をすっ飛ばしていきなり現場に派遣されたというのも…今思うと、すごかったなと。思います。

このことによるメリットとデメリットが大きくあるのですが、それについては別記事で書けたらいいなと…思いつつ…

 

本記事でのまとめとしては、

  • エンジニアになる道の一つは、未経験でも受け入れているIT企業を見つけること
  • 自分が目指したいエンジニアの大きな方面は、ぼんやりでも考えておいたほうがいいこと

ということなのかなと、思います。何かのご参考にしていただけますと幸いです。

あと…できれば、「研修が受けられる」ことは大きいと思うので、そこは判断基準にぜひ、加えていただければと。

LinuxやJavaの知識、LPI、ITパスポートなどの資格取得など、企業によっては研修や資金援助などもしてくれると思いますので。

こんなことを言っておりますが、私自身きちんと勉強したことはありません。それでも生きています。

あまり気負いせず、事務職でも飛び込める世界です。私はそう、思っています。

 

また長くなってしまった…。もう少しコンパクトにしていきたい。

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。