屋号の決め方、私の場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

屋号。

本名で活動するつもりがなかったのと、一国一城の自意識の為にも必要だと思って考えていました。

色々と調べると、たくさん候補をあげたり、事業と関連づけたり、差別化を意識したりと、様々なアドバイスを目にすることができました。

ただ、私は、あまり悩まずに決めてしまいました。「ARIGATOR」。

読み方は、「ありがとう」です。正確にはアリガトーかもしれませんが…いや今気が付いた…アリガトーだ…あと見せた方に「alligator(アリゲーター)?」って言われ…あっ…

自分が一番好きな日本語ですね。もう一つ候補はあって、そちらに最初はしようかと思っていたのですが、

いつのまにかこっちにする気持ちが固まっていました。

 

ありがとう、は、魔法の言葉です。

私がこの言葉を初めて強く意識したのは、高校1年生の春でした。

仮入部期間に、先輩方の演劇部の公演を観たときのことです。

演目は、キャラメルボックスの「TWO」でした。

それが私のキャラメルボックスの世界との出会いであり、「ありがとう」との出会いでした。

非常に個人的な内容でちょっと恥ずかしいので割愛しますが、日本語好きの私が、今もなお、最も愛する言葉です。

ありがとうと、言うのも、言われるのも大好きです。たくさん言って、たくさん言われたら、嬉しいなと思います。

それだけが理由です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。